人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰でした

 暑い夏でした。って、まだ残暑はぶり返すのかな。いい加減にしてください。
 私は生きてますよー、どうにか、ですが。
 先日、友人と横浜のタイめしを食べた。彼女がいうには、「確かにあるんだけど、閉店したかもしれないし、今日は休みかもしれないし、時間が合わないかもしれないし、たとえ店に入れたとしても、どんな店か不明。おいしいかどいうかも不明。高いか安いかも不明」という怪しい店。
 店はあって、しかも相当に怪しかった。雑居ビルに狭くて暗い(ほんとに暗い、足下が不安なくらい)階段を昇ると、もう、これって、あやしいスナック? という雰囲気に満ち満ちていた。不法滞在、ストリートガール、町金……などという単語がつぎつぎに浮かんでくるのだ。とにかくランチタイムでオープンはしている、こわごわ入ると、これはもう、完全にスナックというか安いバーというか、狭くてかたっぽにカウンターがあって、カウンターに向ってテーブルが詰まっていて、奥がちょっと広くてテーブル3つ、というレイアウト。客はざらりといっぱいで、若い娘さんもいる。近所のおやじもいる。おなじみさんもいるし、私たちみたいなフリの客もいる。カウンターの端っこにいろんな料理が並んでいて、つまりランチバイキングなのであった。からり小規模だよ。おおきい電気釜、ひやむぎみたいな麺、あとはカレーが3種くらいとサラダ、炒めやさい、春巻き、かな。もうひとつふたつあった。
 奥の席について、早速料理をとりにいったけど、 とにかく狭いから、人とすれ違えない。皿を持った人が3人いると、どこで待っていいかわからないという案配。私が取ったのは、ごはん(タイ米ミックス)にカレー2種(ひき肉と、鶏のココナツカレー)、野菜炒めとサラダ。春巻き。つまり、ほとんど全部(笑)。スプーンと箸、お茶も貰って席について、あいそうのない料理を食べたら、これがね、おいしい! そのおいしさは、知り合いの料理が上手なおばさんがいろいろお総菜をつくってくれた、というおいしさなのであった。トムヤムクンとかエビとか、高い材料は一切なしね。そのへんの八百屋と肉屋で調達した材料だ。でも、おいしいふつうのタイごはん。わっ、いいじゃん、ここ、と友人と大きくうなずきながら食べていると、カウンターの奥で料理をしていた太めのお姉さん(おばさんとのあいだ)が、麺を泳がせたスープと、タピオカと練乳とココナツミルクの小さいデザートを持ってきてくれた。素晴らしい。
 もっと食べたいけど、もうほとんど料理がないね、などとこぼしていたら、そのお姉さんができたての料理を追加。するとわらわらとみんな席を立って取りにいくから、またすぐなくなってしまう。
私たちのとなりには二十代前半というきゃしゃな娘さんがふたり、箸を変なふうに握って、つつくように食べている。彼女たちも私たち同様初めて来たようだった。テーブルに全部の料理がけっこうな量で並んでいる。食べきれるのかいな、と心配になるような、力の抜けた食べ方だったのに、どっこい、力を抜いて食べ続け、新しい料理も取りにいき、テーブル一杯の皿も、なんとなく空になっている。力を抜いて継続。たくさん食べてたよ。
 で、これが800円。安いよ、ほんとに。こじゃれたアジアめし屋のランチなんか全然かなわないね!
 どこにある店?と聞いても無駄です。私は彼女なしでは二度と行けないと思う。桜木町から10分くらい歩いたとこらへん、と申し上げておきましょう。
 ちなみに友人はタイめしにはとても詳しく、仕事で数え切れないほどタイに行っている人で、あらゆるタイめしを体験しているのだ。その彼女が、「タイのふつうのそうざいを、料理上手な人が作った味」と保証したんだよね。
 そういうごはんがいいなあ。ふつうにおいしいってやつです。
by kuunuu | 2011-08-30 18:45

夏祭り

 お暑うございますが、これは残暑ですね。立秋だって。
 今年も地域の商店会の祭りが、土・日に行われた。なぜか、毎年見てしまうふしぎな祭り。このあたり、地味な善男善女が住み、駅前あたりがシャッター化しつつあるという、もとは農地、戦後、どんどん住宅が建ったという、多分典型的な小地域。そのあいだに都心からはわりと近いほうになってしまった。
 商店会も規模は小さいはず。なのに、年に一度、こんなに人がいたのか?というほど住民が、ぎりぎり車がすれ違える、という狭い駅前のメインストリートにわらわらと溢れるのである。でも、酔っぱらいはゼロ、ヤンキーもゼロ、うかれてハイになる気のよさそうなおっさんもゼロ。災害が起こったら、こんな感じで避難してくるんだろうな、という人たちがいっぱいなのだ。
 もちろん、お目当ては恒例のサンバで、どこかのサンバチームを招いて、毎年いきなり派手な娘さんが半裸になってにこやかに踊りながらパレード、という目玉イベントだ。
 地味な住人がパレードに、つられて踊るでなく、手拍子するでなく、空き缶を叩くでなく、ぞろぞろとついていく。でも、楽しそうた。サンバチームのダンサーやパーカッションバンドのリーダーの顔もほとんど同じで、「やあ、今年も」という感じ。ダンサーの衣装がだんだんふるびていくのもつぶさに観察できようというもの。でも今年は新調した人がいた! 背中に背負った羽根の色も鮮やかになってるし、靴がね、新しい。キンキーブーツみたいな怪獣ブーツみたいなラメがきらきらのブーサンをみんなはいていた。いいなあ。その前に、子どもたちの盆踊りがあって、アラレちゃん音頭や炭坑節や東京音頭をとろとろと踊り、こちらは太鼓を鉦がひとりずつついた。鉦を叩いていたのは、浴衣をきりっと着たしぶい生真面目なおじさん。
 そのおじさんがなんとなく、ごく自然に、サンバパレードのうんと後ろのほうで、こっそりと
サンバに合わせて鉦をたたいているのがよかった。やっぱり、リズムというか、叩きものは身をうずかせるナニカがあるんである。
 サンバパレードは3回もあって、次のも見たい、と思うと、なんだんかんだで駅前を3時間以上もうろうろすることになる。もちろんテキヤというものはいないので、夜店は飲み屋の焼き鳥、ドトールのソーセージ、パン屋のラスク、肉やの唐揚げ、居酒屋の枝豆。ビールを売るのもほんの3、4軒。飲みたい人はスーパーか自販機で買うもよし。あとは幼稚園が学園祭のバザーみたいなレンタルの小さい綿飴、ヨーヨーつり程度。そうか、この祭り、バザーに似てるなあ。
 去年から阿波踊りの連が3つ出張ってきて、お囃子連と軽快な踊りを3回披露した。
f0186601_14253961.jpg

 今年初参加でとてもよかったのがパーカッションバンド。数年前に場違い的にオープンした打楽器ショップが、打楽器教室のキッズクラスを中心にバンドを組んで参加したのである。これはよかったなあ。ブラスも数本加わり、スネア、タム、カウベル、エスニック打楽器などのリズムセッション。うまくはないけど、気分はいいよ。子どもたちも一生懸命叩きまくっていた。でもとてもとてもセッションを楽しんでいるのがわかった。まちがえたり、ノリが狂ったりすると、そばで一緒に叩いているおとなのお兄さんがお手本を見せて引っ張ってくれるのだ。
 サンバといい、阿波踊りといい、パーカッションバンドといい、気持ちが浮き立つようなプログラムをだれが作ったのか知らないけれど、あっぱれなアイディア。地味な地域の住人は毎年つられてわらわらと集まり、十分に楽しむのである。日曜日は雨で、観覧者は少なかったけれど、だいたい、やってる人が気持ちいいからね、だから雨に濡れ、少ない客の前でも、ノリノリのパレードは成立するし、私も傘をさしながら見てしまったのであった、
 いちばんいいのは、商店会が小さくて、威張ろうにも威張るオヤジがいないことなんじゃないかと思う。こういう祭りにつきものの地域の重鎮が赤い顔して本部でそっくり返っている、というのが見当たらない。どちらかというと、この界隈のオヤジというオヤジは、みんなサンバに見とれているにちがいない。  
by kuunuu | 2011-08-08 14:28 | ご近所