人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

騒音と赤児

f0186601_1181842.jpg

 細い、車がすれ違えないくらいの小道をはさんだ向かい側の家でリフォームというか、補修工事が行われている。その家は、一階に大家が住み、二階と三階に学生やひとりもんが住める小さな部屋が四つずつ、というありがちなもの。
 補修というのか改修というのか、外階段を別の場所に取り付け換えるらしい工事が始まって、3カ月以上経っている。いくらなんでも時間がかかりすぎだと思うんだけど、なんか事情があるのかもしれない。それがとうとう終盤に入ったみたいで、新しい階段はほぼ完成し、ついでらしい外装の塗装に取りかかってこれも9割は終わったところで、昨日から不要になった古い階段の取り外しというか、取り壊しが始まった。朝8時45分からね。いきなりのものすごい騒音にマンガみたいにベッドから15 センチ跳ね上がるような衝撃で目が覚めてしまった。
 そんな時間まで寝ているほうが悪いといわれても困る。看護師やガードマンや芸能人や警察官など、そんな時間まで寝ていることがふつうの職業もあるのだ。
 外階段といってもボルトで留めただけの鉄材の階段を、ねじまわしでそっくり外してトラックで運び出すだけ、というのもあると思うけど、この家の外階段は、鉄材とコンクリートでかためたみたいなヤツ。つまり、騒音は、そのコンクリートを割る音だったのであった。すっごい音だよ。しかも音源のある場所は、私の寝ている枕もとから15メートルと離れていないのである。
 とても寝ていられない。それでも蒸し暑いなか、頑張ってごろごろしていたが、汗はだらだら、頭はいらいら、耳はがんがん、昼休みまで3時間以上かい!
 昼過ぎ、ついに耐えかねて、お出かけしてしまった。途中、工事をちょこと眺めてみたら、まだ半分くらいしかコンクリートは外れていなかった。3階建てだから、あと一個半? ひー。で、写真は、散歩の途中のポリバス池。メダカを撮ったつもりだけど、ヘタクソですんません。水面は反射するし、メダカはじっとしてないし。何を撮っているのかわからなくなったような写真。ちょっと涼しいかな、と思ったんだけど……。
 夕方戻ったときもやってたよ。がんがん。がんがん。がらがらがっしゃん(トラックにコンクリの残骸を放り込む音)。
 最近、やはり近所で赤ん坊が生まれたらしく、ときどき鳴き声が聞こえる。生まれたばかりの「おぎゃあおぎゃあ」という、かわいらしい、「我」とか「怒り」とか「甘え」の混ざらない泣き声だから、やかましくない。ミルクをもらったり、おむつを換えてもらったら止んじゃう泣き声。
 この暑い中、赤ん坊も辛かろう、とおもったのだけどね、赤ん坊は平気みたいなのである。一日続くがんがん音にはイリイリイライラしないのね。自分の生命に関係ない音は聞こえないようになっているのかもしれない。環境ってこういうことか? 突然、バカでかい爆発みたいなのが聞こえたりしたら、泣くんだろう。
 それに比べると、年と取ると、あきらめと同じ分量のイライラでいっぱいになっちゃって、赤ん坊とは正反対であります。
 今朝、またもや騒音が私を起こしたが、今度はコンクリ破砕音はずいぶん減って、その代わり鉄材を切るヴィ−ンという騒音が大々的に加わった。やはりうるさいイライラ音である。だいたいね、この程度の工事になんで3カ月もかかるのか?

本日のkuu
焼きなす、アスパラガスのゴマ和え、ひじきの煮物、ごはん。
 ひじきに、人参や油揚げと一緒に三つ葉のザク切りを入れたら、いい感じ。今日は精進なkuu。
by kuunuu | 2010-06-29 11:14

夏の飲み物

 冬も夏もがぶがぶ飲み物を飲むほうだ。
 クーラーで冷やした部屋で熱いコーヒーを飲むより、暑い部屋で冷たい飲み物を飲むほうが好き。体にはどっちがいいのかわからない。暖かい飲み物のほうがいいというのは、漢方の先生にもよく言われ、夏、冷たいペットボトルを持っていると、「ダメですよー、それは。日本の人は冷たい飲み物や食べ物を食べ過ぎ」と、ぬるい中国茶などをふるまわれたが、これもまた半端な感じ。しかも、日本風の小さい(ふつうの)茶碗なので、私はひと飲み、「おかわりっ」と言いたくなるのだ。
 冷やした部屋、というのは、私的には、体の芯が冷えるような、しんしんと静かに疲労が沈殿していくような感じで、あんまり体にいい感じがしない。
 暑い部屋で飲む冷たいものは、どうしても量が増えるので、胃液はびしゃびしゃに薄まると思う。しかも足とか、むくむし。こっちもあまりよくない気がする。
 ほんと、がぶがぶなんすよー。
 種類は、起きたときに、冷たいカフェオレを中国ふた付きお茶カップになみなみ。これはカルシウム補給のためなので、一日一杯が習慣。あとは、おなじカップに、アイスティー、アイスコーヒー。甘みは入れないで、氷をうんと入れる。麦茶を煮出していたこともあったけれど、どうやら私はカフェインが欲しいらしいので、麦茶は今はつくっていない。
 とっておきの大好きが日本茶の水だしだなあ。ほんとおいしい。さわやかなんだ。ポットにいつもよりちょっといい煎茶と水をいれ、冷蔵庫でじっくり時間をかけて出す。冷やし中華と並ぶ夏の楽しみなのだ。ただね、昔から「宵越しの日本茶は毒!」と言われ、時代劇でも日本茶が原料の毒物で暗殺された、なんてのを見て育ったので、水だし日本茶も、その日のうちに飲んでしまわなくてはならないのだ。
 冷たくても、暑くても、常温でも変わらずおいしいのが、プーアル茶(ポーレイ茶)。あまくてこくがあって、香りがよくて、入れかたが簡単で、翌日でも平気で、ほんとにいいヤツ。
……などに、ごくたまにカロリーオフのペプシなどとがぶ飲みしているうちにむくむので、むくみ解消にスイカやきゅうりをうんと食べ、ますます胃液は希釈されていく。でも、夏やせはしないんだ。

本日のkuu
未定。
by kuunuu | 2010-06-27 12:30 | 食べ物

多忙なのか?

 梅雨のあいまに洗濯をして、ゴミを分けて決められた日に出して、おっとパンがないよ、買いにいかなきゃ、セールスの電話うるさい、サッカーやってるなあ、ウィンブルドンも始まったけど、テレビの調子が悪いのがラッキーみたいなもんで、ちゃんと見られない。
 そいったことのあいまに仕事をしてるのか? なんか多忙感でいっぱいなので、縫い物に手をつけられない。ちょっと縫うくらいの時間は取り出せるのだけど、一度縫い物を初めてしまうと、縫いもののあいまに家事や仕事をするようになるのは目に見えているから、これはがまんだ!
 なんとかいう顔も口も目もでかい経済評論家だか会計士だかの女、勝間勝代?あれ?に、「私の本を読めば、時間の使い方わかりますよ」といわれるに決まっている。
 
 という今日この頃。

本日のkuu
未定。玉子とトマトのスープはきっとつくるよ。
 
by kuunuu | 2010-06-25 01:13

蒸し暑いね!

f0186601_2195282.jpg

 ワールドカップ、日本vsオランダの試合が始まったところ。一応、中継のテャンネルに合わせてあるので、解説者が絶叫し始めたら見るつもり。その程度の関心。
 液近くの喫茶店のエントランス、季節ごとの美しい鉢植えが置かれていて楽しみなのだが、今日は日本画のような菖蒲の大鉢が。
 大相撲の不祥事、私は、問題は文科省だと思う。相撲が興行で歴史的に裏社会と交流があることは、伝統なんだもんな。野球賭博くらいじゃだれも驚かないよ。文科省、どうするつもりだよ。腹をくくらなきゃいけないのは相撲界というよか文科省だ。

本日のkuu
未定。
by kuunuu | 2010-06-19 20:47

冷やし中華

 今日は涼しかったけれど、明日から湿度・気温ともに上昇して蒸し蒸しの梅雨天気になるという。
 冷やし中華の季節到来。というわけで、今夜は鶏スープをとっておくことにしよう。かんたんなの、鶏の手羽中にお湯をかけた後、大鍋に水、ネギの青いとこ(冬場の鍋物やうどんのとき、青い部分を冷凍しておいた)、革がついたままの叩きショウガをいれて煮出すだけだから。
 ただね、そのあとひと工夫、スープが冷めたら鶏やネギをすくって、スープを冷まし、鍋ごと冷蔵庫に入れる。脂が固まって浮いたところで、漉すと、澄んだあっさりおいしい鶏スープ。鶏肉はほぐして具にしたり、もっかい炒めて焦げ目をつけて、甘辛く味をつけておいしくいただく。
 このかんたんスープを乾いたあきびんに小分けして入れ、冷凍しておく。
 これで、冷やし中華、食べたいと思ったとき、生麺とありあわせの野菜やハムですぐ食べられる。うわーい、なのだ。

本日のkuu
茄子といんげんと厚揚げの煮物、マグロの付け焼き、かぶとキュウリの浅漬け、海苔、ごはん。  
by kuunuu | 2010-06-14 22:28 | 食べ物

PHS

 結局PHSを新機種に変更。修理費が高いという。でも、長いあいだのご愛用の方に、いまなら月の定額料金を半額にするキャンペーンをやっているというので、いちばんシンプルなものに変更した。
 といっても、4年前の機種にくらべたら、いろいろ新しい機能がついていいる。要らんから使わないけどね。これまでの機種の発展機種なので、よく使う機能の使い方はこれまでとほぼ同じというのがまあまあいいとこかな。よく使うってのは、つまり電話を外でかける、受ける、たまにメール。写メもほとんど使わない。
 というわけで、私は携帯電話にはとても冷たいのである。つまりケータイがない時代が長いので、なくても困らない、ということだろう。積極的にイヤなのは、ケータイやメールは返事を強要するということ。返事をしないと、そのことに意味が生まれてしまうのもうざいよね。
 
本日のkuu
 バゲットサンドイッチ、ハム、モツァレラチチーズ、レタス、キュウリ。カフェオレ。疲れて居眠りばかりの一日。

 
by kuunuu | 2010-06-14 00:04

食事会

 いま、帰ってきたところ。友人宅で食事会があり、参加者&ご飯作り係を担ったというわけ。
 私がつくったのは、アボカドとサワークリームのディップ、ツナのディップ、ひよこ豆のペースト。バゲットを薄く切ってからりとトーストしたものにつけて食べる、まあおつまみですね、
 それから、最近のお気に入りの味噌床につけ込んだ豚肉、マッシュルーム、かぶ、ブロッコリーの包み焼き、ひき肉と茄子のドライカレー(冷凍してあったものを持って行っただけ)をレタスで巻いて食べるもの、あとは友人がつくったサラダ、ホタテのカルパッチョ。みんなかんたんなものばかりだけど、こんなもんだ。
 食べ過ぎて苦しい。ようやっと家までたどり着いた次第。うーん、もう寝よう。

 ケータイ電話故障。発信も受信もできるのに、問題は、相手の声も発信音も呼び出し音もがまるで聞こえないことだ。まずは故障がなおるかどうかを確かめなくちゃならない。面倒だなあ。店ではきっと機種交換を強力に迫るだろうし、また、友人やなどにはこれを機に、AUにしろとか、iフォンにしろとか、ドコモにしろとかいろいろアドバイスされると思う。けど、大きなお世話。もともとケータイは好きじゃなくて、いまのPHSもインターネット契約をしていないのさ。理由は必要じゃないから、また不便を感じていないから。


 
by kuunuu | 2010-06-12 23:21

あわてもの

 待ち合わせの時間に間に合うように早足で駅へ。途中、野菜スタンド
にひっかかってしまい、新鮮なカブとキュウリを買ってお金を入れようとして気がついた。財布、忘れた ! っもう! どうしても戻らなくてはならないけど、戻っていると約束の時間に遅れること必須。しかたなくケータイで遅れる旨を連絡して小走りで家の戻った。
 半走りで待ち合わせの喫茶店に行ったのだが、遅刻15分。あー、情けなし。仕事の待ち合わせだったのに。もちろん、カブもキュウリも素通りした。
 汗びしょりになって、アイスティーを注文したら、運ばれてきたアイスティーには砂糖が入っていた。いまどき、珍しいでしょう? でも、喫茶店というのがかのルノワールだから、あっても不思議はない。甘いアイスティーはほとんど飲まないのだけど、ま、ルノアールでクレームをつけるのもおとなげないと思った。
 打ち合わせの具合が面倒で、しかも私には負担が大きくなる内容だったこと、出足をうっかりのせいで乱したことで、私はいつも以上にうわずっていたというか、ハイになっていたというか、
「それは無理ですよ〜」
 なーんて話している隣で、客が帰った隣のテーブルを片付けにきたウェイトレスがちらっと目に入ったとたん、
「このアイスティー、砂糖が入ってるんですけど」
 と、ずいぶんとせかせかした口調でクレームをつけていたのであった。そんなつもりなかったのに。うわっ、であった。クレームつけてどうしたい?って、どうもしなくていいんだ。
 おばさんウェイトレスは、「はあ、取り替えましょうか」とふつうに言ってくれたので、またまた私は、「取り替えてくださいます?」と言ってしまった。
 別に悪いことをしたわけでも、けんかを売ったわけでも、ウェイトレスを責めたわけでもないんだけど、なんかなあ。気持ちが落ち着いていないと、こういうことになる、そういう自分がトホホである。ちまちまうるせえ私だよ。ルノアールでゴネる私。トホホのホ。
 帰宅の途中で野菜スタンドを通りかかったら、もう店仕舞していた。カブ、欲しかった。

本日のkuu
納豆、焼きなす、にら炒め、ごはん、海苔。
by kuunuu | 2010-06-11 01:54

正しいの?2

 年金問題で、国会があたふたしていたころ、当時の首相安倍くんが、
「それは原本とトツゴウをいたしまして……」
 とさかんに言っていた。トツゴウ? ちょっとひっかかるが、それはおそらく「突き合わせ」のことで、私の学歴や見聞き暦では一度も出て来なかった言葉だった。私が無知なのかもしれないが、たぶん、お役所の「ギョーカイ」用語なんじゃないかと思う。
 ギョーカイ用語はいま普通に氾濫しているので、驚きはしない。寿司屋の符牒だってギョーカイ用語だ。
 それより耳障りなのが、政治家のギョーカイ用語なのか、いや、政治家のギョーカイ文法なのか、これも安倍くんがさかんに言っていた、
「お知らせをいたします」「お調べをいたしまして」という言いかた。「を」は要らない。お知らせいたします、お調べいたします、でいいのである。もちろん、安倍くんは丁寧に言っているつもりなんだろうけど、「ケッ、なにが美しい日本だよ」と突っ込みたくなるのは私だけかな。それだけで、もうお前は死んでいるのだ。安倍くんだけじゃない、国会関係の人はよく言っている。
 丁寧に言う、敬語を使うことに腐心(というほどのもんじゃないけど)して、でたらめな敬語が通っているのも最近は普通に多い。やたら「させていただきます」を連呼するとか。「やらさせていただきます」なんてのも多い。グルメ番組で「おいしそうです。では、いただかせていただきます」だって。
 敬語ってのはどんどんエスカレートしていくと同時にどんどんマヌケになっていくものなんだって、何かで読んだか聞いたかしたのだけど、ほんとにそうだなあ、と思う。
 だけど言葉の潮流というのは、私ごときが腹を立ててもしょうがないので、ケッと思ったり、死んでいる、と呪いをかけたり、虫の居所が悪いときには電話口などでイヤミをいうくらいがせいぜい。若い子の流行語のほうが、ぴったり!というのがあるね。

本日のkuu
オムライス、缶詰のコンソメスープ、キャベツサラダ。
コレステロール満載の卵を二個使ってしまいました。  
 
by kuunuu | 2010-06-09 22:36

正しいの?

 ここのところ気になること。
 テレビじゃしょっちゅう聞かされているのだけど、これでいいの?
「押しも押されない」。
 私はずっと「押しも押されもしない」だと思っていたけれど、アナウンサーがほとんど全員「押しも押されない」といっているところを見ると、最近じゃ「押しも押されない」でいいことになったのかなと思って。
 私的にはものすごくいやな感じです。ガラスをこする音を聞かされたみたいにぞわっとする。

 まあ、こういうことは、「押しも押されない」に限った話ではないし、私も誤用していること、間違って覚えていることもあるんだし……。でも、ぞわっ。

 ついでですが、おとといかな、テレ朝でやってたドラマ、「鬼龍院花子の生涯」(宮尾富美子原作、「なめたらいかんぜよ」のドラマ)では、「侠客(きょうかく)」を「きょうきゃく」と言っていた。きょうきゃくとも読むのかなあと思ったが、いま、「きょうかく」と打って変換したら「侠客」と出たが、「きょうきゃく」と打っても「橋脚」「今日客」。
 侠客は「きょうかく」だよね、やっぱし。ということは、あのドラマにかかわった人全員が「きょうきゃく」に違和感を覚えなかったということになる。プロデューサーもディレクターも、シナリオ作家も俳優たちも……。どうなってるの?????

本日のkuu
そうめん(シゾ、しょうが、みょうが、梅干し)。多分、夜中におなかが空くね。
by kuunuu | 2010-06-08 23:18